FC2ブログ

兵庫県伊丹市荻野 癒し堂鍼灸整骨院

兵庫県伊丹市荻野  肩こり・腰痛・頭痛・鍼灸・美容鍼・骨盤矯正・交通事故なら癒し堂鍼灸整骨院へ

コラーゲンを摂取しても肌の状態は改善しない⁉

コラーゲンはタンパク質の一種で

皮膚や骨、軟骨の細胞と細胞のすき間に存在し組織の構造や
柔軟性を保つうえで大切な役割を果しています。
                                
加齢などが原因でコラーゲンが減少すると肌の弾力や張りが失なわれることから、
とくに美容のためにコラーゲンを食べたり、肌に塗ったりすると良いと言われるようになりました。  
 
うしてコラーゲンのサプリメント、ドリンク、もつ鍋、フカヒレ、鳥の手羽、牛すじなどを使った「コラーゲン鍋」など多くの商品を見かけるようになりました。
 
しかし残念ながらコラーゲンはアミノ酸がたくさんつながった鎖のような構造をしているので
口からとってもそのままの形では吸収できません。
消化酵素によって、ばらばらのアミノ酸か、アミノ酸が数個つながってできた、
ごく短いタンパク質にまで分解されてはじめて吸収されます。
 
ところがタンパク質は構造が大切なので、分解された時点でコラーゲンとしての性質がなくなってしまいます。
 
コラーゲンとよく似た問題があるのがヒアルロン酸やグルコサミンです。
変形性膝関節症などの、関節軟骨がすり減ることで起きる炎症と、それに伴う痛みを
軽くするために整形外科でこれらの成分を関節に直接注射することがあります。
 
しかし注射が有効だからだといって口からとっても同じとはいかないようです。
ヒアルロン酸はコラーゲンと同じくばらばらに分解されてから吸収されます。
グルコサミンはそのまま吸収されるものの、全身をめぐる血液に溶け込んだ
グルコサミンが目的とする関節に届いて集中的に作用する可能性は低いでしょう。
 
関節の軟骨には血管が少ないので成分も届きにくくそれが治療の難しさにつながっています。
健康食品を食べたり飲んだりするより先に、体重を落として関節の負担を減らすほうが確実
思われます。
 
それでは口から入れてだめなら塗ってみるということでコラーゲンが入った化粧品を使うのはどうでしょうか?
 
残念ながら、これも皮膚にしみこむことはありません。皮膚はきわめて丈夫な組織で
外部の物質が簡単には侵入できないようになっています。コラーゲンはタンパク質の中でも
大きな構造をしており、皮膚を通過できません。
 
コラーゲンには水をかかえ込む性質があるので皮膚を保湿して肌のきめを
整えるのには役立ちます
 
体内でコラーゲンを十分に合成するにはビタミンCが必要です。
タバコの煙にはビタミンCを分解する成分が含まれているため喫煙者はタバコを吸わない人と
比べビタミンCを1.4倍多く摂取する必要があります。
 
また空から降り注ぐ紫外線はコラーゲンを破壊し肌を老化させます。肌の弾力を守りたいならしっかり紫外線対策をして喫煙し、ビタミンCを食事から十分摂取することをおすすめします。
 
     癒し堂鍼灸整骨院
(住所)兵庫県伊丹市荻野4-49
(電話) 072-703-5470

スポンサーサイト



  1. 2018/05/10(木) 10:45:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する