FC2ブログ

兵庫県伊丹市荻野 癒し堂鍼灸整骨院

兵庫県伊丹市荻野  肩こり・腰痛・頭痛・鍼灸・美容鍼・骨盤矯正・交通事故なら癒し堂鍼灸整骨院へ

腱鞘炎

●どんな病気?
指や手首には「腱」があり骨と筋肉をつないでいます。

「腱」は指の骨に付いている「腱鞘」を通っており指を動かすときには腱が腱鞘のなかを
往復するように移動します。指の使い過ぎによって、腱と腱鞘がこすれて炎症が起こるのが
腱鞘炎です。
 
痛みや腫れが生じ指の曲げ伸ばしができなくなったり、物をつかみにくくなったりするなど
日常生活に支障をきたします。
 
楽器の演奏者などで指をよく使う人や、妊娠・出産期、更年期の女性に起こりやすく
主に2つのタイプがあります。
 
●ばね指
腱鞘に炎症が起こり指の腫れが大きくなると、腱が腱鞘にひっかかり指の曲げ伸ばしのときに
何かがひっかかるような抵抗感が生じます、力を少し加えると腱の腫れた部分が腱鞘を通過し
「カクン」と指が伸びます。ばね指は指を曲げるときに大きな負荷がかかる指の付け根の
腱鞘によく起こります。
 
●ばね指のチエック法
手のひらで指が曲がる部分を押すと痛みが起こったり、押したまま指を動かすと引っ掛かる感じがあったりする場合は腱鞘炎が疑われる。
 
●ドケルバン病
親指を動かす腱とその腱が通っている腱鞘に炎症がおこるものです。
この腱鞘は手首の親指側にあり、中を2本の腱(長母指外転筋・短母指伸筋)が通っています。
この腱鞘と腱には親指広げるときに大きな力が加わるため炎症が起こりやすいのです。

●ドケルバン病のチエック法
親指を反らせるように手を広げると親指から手首に伸びる腱が2本浮き上がる。その外側の
腱の手首の部分を押して痛みが起こったら腱鞘炎が疑われる。 

●治療
腱鞘炎が起きたときには適切に対処することが大切です。放置すると指を動かすこともままならなくなる場合があります。
 
・安静にして手の血行を改善
腱鞘の治療は、患部を安静にするのが基本です。炎症が治まるまで「テーピング」などを行って関節の動きを制限し、なるべく指を使わないようにします。
 
ドケルバン病の場合は親指を少し広げた状態で保つ「関節用バンド」を装着して、関節の動きを制限します。同じ姿勢を長時間続けずに「手をあげる運動」などで手の血行をよくすることも、炎症の改善につながります。
 
   癒し堂鍼灸整骨院
(住所)兵庫県伊丹市荻野4-49
(電話) 072-703-5470

スポンサーサイト



  1. 2018/05/14(月) 09:14:00|
  2. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する