FC2ブログ

兵庫県伊丹市荻野 癒し堂鍼灸整骨院

兵庫県伊丹市荻野  肩こり・腰痛・頭痛・鍼灸・美容鍼・骨盤矯正・交通事故なら癒し堂鍼灸整骨院へ

腰椎椎間板ヘルニア

●腰椎椎間板ヘルニア
働き盛りの男性に多くみられる腰痛です。腰椎は5個の椎体で構成され椎体と椎体の間には椎間板があり腰椎にかかる衝撃を和らげる働きをしています。

 
 
椎間板は水分を多く含んだゼリー状の髄核とそれをとり巻く線維輪という軟骨組織からできています。体を動かす時には必ず背骨や腰を使うので椎間板はいつも酷使されています。そのために老化現象も早く起こり20歳代から始まります。 
 
老化が起こると椎間板の表面をつくっている線維輪の弾力が失われ亀裂が生じてきます。そんな時に前かがみの姿勢や中腰の姿勢を長時間続けていると線維輪にできた亀裂から髄核が押し出されてしまうのです。押し出された髄核が神経を圧迫し腰に痛みが起こります。これが「椎間板ヘルニア」です。
 
椎間板ヘルニアは高齢者よりも20~40代の比較的若い男性によくみられます。若いと髄核に弾力があるので線維輪に亀裂があると髄核が脱出しやすくなるためです。もっともヘルニアを起こしやすいのは第4腰椎と第5腰椎、第5腰椎と仙骨の間にある椎間板です。腰椎の中で最も酷使される部位であるからです。
 
●症状
腰の鈍痛から始まり多くは左右どちらかの太ももから膝、足にかけて激しい痛みが走る坐骨神経痛を伴います。第4腰椎と第5腰椎間のヘルニアでは膝の外側から足の親指にかけて、第5腰椎と仙骨のヘルニアでは膝の後ろから足の裏にかけてしびれや痛みが起こります。 
 
なかには腰痛をほとんど感じずに坐骨神経痛だけを生じるヘルニアもあります。椎間板ヘルニアは背中をまっすぐに伸ばしていたり、寝ている時には痛みが楽になります。椎間板が圧迫されないため内圧が下がるからです。
 
反対に背中を丸めたり前屈みになる姿勢をとると腰痛や足のしびれが強くなります。前屈すると椎間板が圧迫され髄核が後方に飛び出し神経を圧迫するためです。
  
●家での対処法
痛みの激しい時は安静にし横になり軽く足を曲げるか膝の下に座布団やクッションなどを当て軽く膝を曲げると神経の緊張がゆるむので痛みが和らぎます。
 
●治療
 椎間板ヘルニアで手術しなければならない場合は以外に少なくほとんどの場合は手術に頼らない保存療法で改善されます。緊張した筋力を緩める手技療法や温熱療法、痛みの強さに合わせて運動療法などがあります。 日常生活に支障がある場合には(歩行障害、運動や感覚の麻痺、排尿障害)手術が行われます。
 
     癒し堂鍼灸整骨院
(住所)兵庫県伊丹市荻野4-49
(電話) 072-703-5470

スポンサーサイト



  1. 2018/05/21(月) 09:04:00|
  2. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する