FC2ブログ

兵庫県伊丹市荻野 癒し堂鍼灸整骨院

兵庫県伊丹市荻野  肩こり・腰痛・頭痛・鍼灸・美容鍼・骨盤矯正・交通事故なら癒し堂鍼灸整骨院へ

顎関節症

●顎関節症
口を開閉したり、顎を前後左右にスムーズに動かすための大事な働きをしています。この関節や筋肉、靭帯などに障害が起こるのが「顎関節症」です。20歳~30歳代の女性に多くみられます。

 
・筋肉(咀嚼筋障害)
顎を動かすときに痛みを感じます。咀嚼筋は物をかむために顎を動かす筋肉で、顎関節も動かします。口を大きく開けるときに働く「開口筋」に障害が起こることもあります。 
 
・関節包 靭帯障害
大きく口を開ける、硬い物の無理な咀嚼などが原因で起こります。顎関節の周辺にある関節包や靭帯が障害されると炎症により痛みが生じます。
 
・関節円板障害
顎関節の「関節円板」が前にずれると関節円板が障害となって口が大きく開けられなくなります。口を開けたり閉めたりするときに「カクン」と音がするのは関節円板がずれている場合があります。 
 
・骨の障害(変形性顎関節症)
骨の変形が起き、下顎の上部が削り取られたり出っ張ったりすると、口を開閉すときに「ジャリジャリ」と音がしたりします。
・精神的ストレスによる障害 
日々のストレスを受けると脳は無意識のうちにストレスを発散しようと歯を食いしばったり、歯ぎしりをしたりします。
 
●原因
顎関節や周囲の筋肉、骨などに障害が起こるのはその部分に大きな力が繰り返しかかったり長時間かかり続けたりした場合に起こります。1つの理由で起こるというよりは、日頃の生活習慣や癖などが複数絡み合って起こるといわれています。
 
・歯並びや嚙み合わせが悪い、片側だけで噛む癖がある 
 片側の筋肉や関節に負担がかかります。
 
・歯ぎしりや歯を食いしばる癖
・うつ伏せに寝る
・ほおづえをつく
・顎の下に物をはさむ

などの習慣や癖も顎関節や顎の筋肉に負担がかかりやすくなります。さらに日常生活で姿勢が悪いことも肩や背中だけでなく、顎を動かす筋肉にも過度の緊張を強いるため顎関節症を起こす要因の1つとされています。 
 
●治療
まず口がどのくらい開けられるかを測定し、口を最大限開けたときの縦の長さが3㎝~4㎝以下の場合は開口障害があるとされ、次にどの場所が痛むのかを調べます。
 
保存療法として嚙み合わせを安定させ歯ぎしりによる関節や筋肉への負担を軽減させるため患部への温熱療法や顎関節に関与する筋肉への手技療法を用いて症状を緩和させます。患者さんが開口訓練などのあごの運動を自分で行うことと、要因となる日常生活での習慣や癖の改善を心がけることが大切です。
  
    癒し堂鍼灸整骨院
(住所)兵庫県伊丹市荻野4-49
(電話) 072-703-5470
スポンサーサイト



  1. 2018/06/02(土) 09:06:00|
  2. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する