FC2ブログ

兵庫県伊丹市荻野 癒し堂鍼灸整骨院

兵庫県伊丹市荻野  肩こり・腰痛・頭痛・鍼灸・美容鍼・骨盤矯正・交通事故なら癒し堂鍼灸整骨院へ

中高年の女性に圧倒的に多い膝の痛み

●膝の構造
膝は太ももにある「大腿骨」と、すねにある「脛骨」、膝のお皿「膝蓋骨」が組み合わさってできた関節です。


大腿骨と脛骨の間には「半月板」という線維性の軟骨があります。この軟骨は膝にかかる衝撃を
吸収するクッションの役割や、関節が滑らかに動くための役割を果しています。関節は「関節包」
という袋に包まれ、その中は「関節液」で満たされています。

膝関節の中央や周囲には、骨と骨をつなぐ「靭帯」や筋肉があり、膝を安定させています。
特に太ももの前側の「大腿四頭筋」などの筋肉や、骨と筋肉をつなぐ「腱」
膝蓋骨は膝を曲げ伸ばしするうごきを調整しており、2本の脚で歩くために欠かせない大切な仕組みです。この膝関節のどこかに障害されると膝に痛みを感じるようになります。

●膝の痛みの原因
膝に痛みを持つ人は大変多く、そのほとんどは「変形性膝関節症」が原因だと言われています。
加齢に伴って膝関節も老化します。関節の軟骨がすり減ったり、関節が硬くなったり、
熱を持って腫れるなどの障害が起きやすくなり、膝に複雑な痛みが生じます。
多くの場合、加齢による膝の痛みは、女性に多く見られ、特に肥満のある人やO脚の人に起こりやすいことがわかっています。

●膝の痛みのタイプ
・使い過ぎによる痛み
検査では軟骨などに異常は見られないのに、比較的強い痛みが起こります。スポーツ選手などに多く、膝関節に大きな負担がかかり、それをかばうために関節周囲の筋肉や腱、靭帯などが疲労して、痛みが生じます。

・急性の炎症による痛み
変形性膝関節症の始まりの1つのタイプです。
膝関節を長年使い続けてたり、激しく使ったりすることで、関節軟骨や半月板がすり減り、
その破片が関節包の内側を覆う「滑膜」を刺激することで、関節内に急激な炎症が起こり、
炎症が強いと関節液が異常に分泌され、いわゆる「水がたまる」という状態になります。

・慢性の炎症による痛み
中高年の膝の痛みで最も多いタイプです。
軟骨の破片などが原因となって、関節内で弱い炎症が繰り返されると、関節包など膝関節周囲の組織が硬くなり、痛みをかばって動くようになります。
すると、膝関節の周囲に負担が偏ってかかり、疲労が積み重なって痛みが起こります。

・骨の痛みく
軟骨がかなりすり減ってくると、じっとしていても動いているときも鈍く強い痛みが続きます。

●痛みをやわらげる運動
変形性膝関節症では、膝関節の周囲にある筋肉や腱などが硬くなって、症状が悪化します。
痛みがあると膝をあまり動かさなくなり、ますます膝関節の周囲が硬くなるという
悪循環をきたします。

そこで、運動などで膝関節の周囲の柔軟性を高めることが重要になります。
運動を続けると、膝関節の周囲の柔軟性が高まり、血行が改善して痛みが和らぎます。
関節軟骨が刺激されて軟骨の細胞が活性化し、関節を動かしやすくなる効果も期待できます。

膝関節の周囲が軟らかくなってきたら、大腿四頭筋など、膝関節を曲げ伸ばしするための
筋肉を鍛える運動をも行いましょう。
プールでのウォーキングも、膝に負担が少ない状態で筋力を強化できます。
これらの運動は、どの年代の人が行っても効果的であり、膝の痛みの予防にもなります。
毎日少しずつでもよいので継続することが大切です。

癒し堂鍼灸整骨院では膝の痛みの鍼灸施術も行っております。

身体の痛みなどでお困りの方はぜひ一度ご相談下さい。
癒し堂鍼灸整骨院
https://www.ekiten.jp/shop_77423373/
(住所)兵庫県伊丹市荻野4-49
(電話) 072-703-5470

スポンサーサイト



  1. 2018/05/01(火) 10:45:00|
  2. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する