FC2ブログ

兵庫県伊丹市荻野 癒し堂鍼灸整骨院

兵庫県伊丹市荻野  肩こり・腰痛・頭痛・鍼灸・美容鍼・骨盤矯正・交通事故なら癒し堂鍼灸整骨院へ

四十肩、五十肩

40歳以後に頻発し、加齢や過労による肩関節の変性を基盤にして発症する原因がはっきりしない肩関節の疼痛と運動制限をきたす疾患


●肩関節周囲の炎症
肩関節の周囲に炎症が生じ痛みが起こり、肩を動かしくなるのが「肩関節周囲炎」いわゆる
四十肩、五十肩で通常片側に起こります。
●原因となる部位
・関節包
関節の中「関節包」という薄い膜に炎症が起きて痛みが生じ炎症が持続すると、
硬く縮まって関節が締め付けつけられ、肩を動かしにくくなります。

・滑液包
関節周辺で動きを滑らかにする役目をもつ「滑液包」が骨や腱板と癒着すると、肩が動かしにくくなります。
                                      ●3つの病期
・急性期
発症から2週間痛みがもっとも強い時期、肩の前方や奥の方に痛みを感じ
上腕に放散することもります。
「安静時でも痛む」「睡眠中に目が覚めてしまうほど強く痛む」のが特徴です。
 
・慢性期
発症後2週間~6ヶ月後、痛みは治まり始めますが運動制限が生じ洗髪や服の着脱が困難となる。

・回復期
6ヶ月以降痛みはほとんど治まっていき肩の動きも回復していきます。
                                           ●治療は病期に合わせて
・急性期
痛みが強いので安静にするのが基本です。肩を動かすことはできますが、この時期は無理に動かさないことが大切で、痛みを生じない範囲にとどめます。
                                           ・慢性期
痛みは急性期に比べ治まります。一方、肩関節が固まって動きが悪くなるため、少しずつ肩を動かしていくことが大切です。温熱療法で筋肉の血流をよくし、動きを改善していきます。
可動域に応じたストレッチやコッドマン体操などをおこないます。
                                           ・回復期
痛みは徐々に治まっていきます。肩関節の動かせる範囲が狭くなっているので、
積極的に運動療法を行って、動かせる範囲を広げていきます。
                                      癒し堂鍼灸整骨院
https://www.ekiten.jp/shop_77423373/
(住所)兵庫県伊丹市荻野4-49
(電話) 072-703-5470

スポンサーサイト



  1. 2018/05/02(水) 16:43:00|
  2. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する