FC2ブログ

兵庫県伊丹市荻野 癒し堂鍼灸整骨院

兵庫県伊丹市荻野  肩こり・腰痛・頭痛・鍼灸・美容鍼・骨盤矯正・交通事故なら癒し堂鍼灸整骨院へ

腱板断裂

腱板とは回旋筋腱板とも言われ

4つの筋肉(肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋)からなります。
肩と上腕との安定性をもたらすのが主な役割です。
この4つの筋肉は単独または複数で損傷し、特に棘上筋は解剖学的に損傷を受けやすい筋肉です。

●発生原因

・肩を直接強打して発生

・手や肘を衝いた時に腕の骨と肩の骨とが衝突して発生

・スポーツでの投げすぎや使い過ぎで発生

・中高年では繰り返しでの使い過ぎで発生

まれにごくわずかの外力でも発生することもあります。

ゆっくり進行した場合は痛みはあまり起こりませんが、転倒や肩を打撲して急に
断裂が広がったりした場合には痛みを伴います。

●症状
痛みは肩の前面や横面に圧痛を伴い就寝中に痛みで目が覚めることもあります。
腕を前や横から挙げようとすると痛みで制限がみられ腕を挙げたままの状態保持ができず、
また筋力低下や腕の脱力感などの症状もみられます。

●腱板断裂の治療
高齢者では日常生活は肩に負担がかからないことが多いため痛みの緩和と肩の動きを
よくする保存療法を行います。

一般的に日常生活の活動が高く仕事や運動などで肩を使うことも多い50代ぐらいまでの患者さんの場合は断裂した腱板を元のようにつなぐ手術療法(腱板修復術)が検討されます。


癒し堂鍼灸整骨院
https://www.ekiten.jp/shop_77423373/
(住所)兵庫県伊丹市荻野4-49
(電話) 072-703-5470

スポンサーサイト



  1. 2018/05/03(木) 16:35:00|
  2. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する